藤沢市の幼稚園〜大庭城山幼稚園〜子と親で共育ちをします

藤沢市大庭城山幼稚園とは?

  そこは子どもの広場です
     一人ひとりからの出発です
         そして 子育ての広場です
そこは子どもの広場です
 「せっかく、幼稚園に入れたのに、まだ何も教えてくれない」
 「遊んでばかりいて、小学校に行ったら大丈夫かしら?」
 「かわいい時に、かっこ良い発表会をどうしてやらないのかしら?」
                                といった声をよく耳にすることがあります。
 どうやら、こうした声の奥底には、
  幼稚園を小学校の予備校的に考えたり、習い事練習の場と捉える姿があるようです。
                           しかし、私達はそうした考えには賛成しかねます。

 そこで私達は、こう考えます。「幼稚園は子どもたちの生活と交流の場=広場」であると。
 では、幼稚園での「生活」とは何でしょう??
                   それは幼稚園での遊びや仕事を通して学ぶ姿、そのものです。
 しかし、一人だけでは楽しいはずがありません。子どもたちが集まって、一緒に遊びや労働、
 生活、そして苦労をも共にしながら、人間として育っていく場。それが、子どもの広場たる幼稚
 園なのです。
 子どもたちはその中で、目的を持った生活を営みながら、人と関わることを学び、様々な技術
 や文化を吸収していきます。それは、机の上での学習とは違い、実感出来る体験に裏打ちさ
 れた本物の学習なのです。

 幼児期の子どもが、人間として基盤をつくる学習の場所。
                  それが、子どもたちの生活と交流の場=広場=幼稚園なのです。

  −−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−− 

「生活から生活へ そして生活を!」と、日本で最初の幼稚園、東京女子高等師範(現お茶の水女子大)付属幼稚園の訓導で、現代の幼稚園教育の基礎をつくられた倉橋惣三先生は「幼稚園真諦」で述べてい ます。

  −−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−−−−〇−−−

 子どもたちは、広場を失っている!   子どもたちは、自分を出せないでいる!    
 遊べなくされた子が増えている!    喧嘩も出来ない子が増えている!
 感情がコントロール出来ない子が増えている!

国連「子どもの権利条件」は、子どもや子どもたちが、心豊かに人間として発達出来るように、大人達に改善を要求しています。
 子どもが、「子どもなりの自治」をもって過ごす「子どもの世界」や「子どもの時代」を、大人たちが守り、拡げてあげましょう。未来ある子どもたちのために。

一人ひとりからの出発
 私達は、一人ひとりをかけがえのない人間として大切に考えます。
 教育とは、常にひとりからスタートして、またひとりに返っていくものなのです。
 仲間との生活といえども、全体のまとまりばかりを優先させるのではなく、一人ひとりの気づき
 や育ちを大切にする事から始まるのです。
 一人ひとりの「あまえ」や「わがまま」を素直に受け止めることからです。一見、ムダに見えるこ
 とも、学習の過程として必要です。
 ゆっくり、じっくり、たっぷり、確実に、発達の筋道を歩むことです。「自立」はその過程で実現し
 ます。せっかちは禁物です。
 幼稚園はそんな自立の場面を、お母さんから巣立とうとする姿を共感的に見守りながら、あた
 たかく援助し、対話の中から"自律"へと向かうプロセスを大切にするところです。
 
そこは子育ての広場です
 子育てに一人ぼっちはいけません。仲間と一緒になって育て合い、育ち合いをする中で、子
 育てに"めあて"を持てるようにしましょう。
 私達大人も"にんげん"として、生きる"めあて"を持ちましょう。
 そして、子育てを楽しみましょう。人生を楽しみましょう。