藤沢市の幼稚園〜大庭城山幼稚園〜子と親で共育ちをします

藤沢市大庭城山幼稚園3歳児

 1才頃に獲得した直立歩行をきっかけに、自分の世界を広げてきた2才児3才児。人間稼業2年から3年、自分の都合で考え自分の都合で動き、と自己中心が支配する「創造的」な世界です。
 笑ってみたり、泣いてみたり、くったくなく「模倣」をしたり覚えたての「ことば」を無造作に使ってみたりとする時期。ことばが間に合わないと、手や足、歯を替わりに使ってみたりと、単純に様々の手段を行使する時期でもあります。

 まだ親からの分離が安定しない部分を強く持ち、せきがらな2才児3才児の世界の時期=自我の確立期=反抗期(発達の節目)を、5才児を含めた集団の中で通過することは発達に特別な意味を持ってきます。

 小さな集団の中で、2才前特有の「自我の目覚め」を振り返り、「甘え」や「わがまま」を出しながら「自我の確立」をしていくことです。
 「こころとからだ」の発達に合わせた、保育者の「一人ひとり」への丁寧な対応の中で、自然や命、気の合う友との単純な遊びや応じ合い等を、とても大切に考えています。


   親御さんも、夢拡がる2才3才の世界を楽しみながら、共感しましょう。
   我が子の、ことばやしぐさは、おもしろくて楽しい世界です。 

 動物としてのヒトが人間として育つ過程は、自らの脳や手足等から だの諸器官を使ってみるところから始まります。 そして、その動機は、興味や関心、生きる意欲等です。興味関心や生きる意欲等を整理していく中で、"自立"が進みます。