藤沢市の幼稚園〜大庭城山幼稚園〜子と親で共育ちをします

藤沢市大庭城山幼稚園園長

 

 現在は高層住宅や広い道路、緑の公園や公共施設もあり、人工的につくられたとは思えない、大庭、遠藤、石川の街々。開発以前は小高い丘陵地帯で、木々や田んぼ、小川と四季の変化に富んだ農村地帯で、人々は人情にあふれていました。

 元職業軍人の厳格な父と優しい母との間に、3人姉妹の中での一人息子として、子どもらしさに溢れる生活を送っていました。小学校6年生の時、藤沢の街に野菜を届ける母が、自転車ごとトラックに轢かれて亡くなりました。

 それを、きっかけに、生活環境が一変して、多くの牛の乳搾りや世話、畑の作物の栽培と収穫、他の動物や自分の身辺のこと、そして勉強と、日々に追われる生活を過ごしてきました。労働の苦痛と忙しさのなかで、飼育する動物たちに和まされる時や育てた作物が美味しい時の感慨が、今でも思いだされます。

 学ぶことが困難解決の糸口でありと理解するようになり、学ぶことが楽しみにもなり、30代まで学生生活を続ける原動力になりました。思春期の様々の出来事や経験、開発の名によって荒らされていく"ふるさと"。社会変化の矛盾と人間としてのあり方への疑問等を感じる中、自らを育てた農業や動物、そして大地をはじめとした自然、地域の人々のふれあいなどを大切にした"共育"を、成人を前に決意しました。

 そのために幼稚園、小学校の教職免状も取得し、学生を続けながら大庭城山幼稚園を創立しました。英米等の海外にも出向き、国際的視点での教育の必要性を痛感しました。
 幼稚園協会や県連合会等の研究担当役員や幼稚園教育要領伝達委員等も歴任するなかで県内幼稚園の教育レベル向上に努力してきました。

 しかし、40代で当園の教育に専念するようになり、幼稚園団体役員や行政の審議委員等を一切お断りしました。民間の教育研究団体には所属して現場からの視点を重視した研究を続けています。子育て講座関係の役を引き受けながら、子どもたち一人ひとりとの実践的関わりを拡げ続けています。