藤沢市の幼稚園〜大庭城山幼稚園〜子と親で共育ちをします

藤沢市大庭城山幼稚園入園Q&A


 入園をお考えの方からのご質問を参考までにご紹介します。

 

保 育 内 容 (Q1〜Q26)

Q 1 : 自然の教育を大切にする幼稚園と聞きましたが?。
A : 人間も自然界に存在する動物の一種です。お母さんのお腹のなかで動物進化の歴史を経た子どもたちが、人生の歩みを進めていく過程では、人間として自然経験をし直すことが必要です。自然との関わりで、こころや体の発達、自然との協調を気づき学びます。

Q 2 : 子どもの言うことを聞いてくれる幼稚園と聞いたんですけど?。
A : 子どもの思いや意見を受け止めることから始まる保育をすすめています。でも、子どもの言いなりと誤解しないでください、子どもや子どもたちの「発達したい気持ち」を汲みとることです。

Q 3 : あそび放題なんですか?。
A : 子どもの生活は、「遊び」を中心に構成されているのが常識です。そして子どもにとって遊びとは、目的であり手段でもあります。教師がいるわけですので、調整をします。し放題とか放任とかとは意味が異なります。遊びを通しての指導が行われています。

Q 4 : 一人っ子であそびの経験がないんですけど?。
A : 幼児のあそびの基礎条件は、時間と場所、そして友です。一人遊びから順番に発展していきます。ご心配なさらずに、まずはそうした遊びを保障する環境にお子さんを入れることではないですか?。そして、年齢なりの刺激をまわりから貰うことです。応援します。

Q 5 : 室内でのあそびや活動はあるんですか?。
A : 当然あります。でも雨や極端な寒暖の差がないかぎり、まずは外です。四季の自然を感じられるようにすることから始まります。室内あそびは家庭で出来る可能性があります。

Q 6 : みんなでやることはあるんですか?。
A : 自由な場面から子どもが遊びを発展させることは、とっても大切ですが、大人たちが伝えたい文化の伝達や、みんなで考え、相談していく「社会性を育てるプログラム」は絶対に必要です。一人や数人から始まって、だんだん、みんなや「なかま」との時間が増えます。

Q 7 : 「しつけ」はして頂けるのでしょうか?
A : 「三つ子の魂 百まで!」の諺がありますが、躾は3歳ごろまでに家庭ですべきことです。その基本は美しい心と体(身)です。園ではしつけとしてではなく「身辺自立」のプログラムとして、本人が自覚していけるようにしています。

Q 8 : 喧嘩はさせてもらえるんですか?
A : 自己主張のぶつかり合いが喧嘩です。言葉や表現が稚拙な幼児期には特に必要なことです。堂々と表でやれる子になってほしいです。裏にまわると、いじめやいじわるにも繋がっていきますので表化をこころがけています。喧嘩ができない子が増えています。

Q 9 : いじめに対処していただけるのですか?
A : はい当然です。子どたちに力をつける中で改善していきますので時間がかかる場合もあります。根本は、大人たちの反映としての子ども世界ですので、競争といじめの社会構造を無くして頂きたいですね。

Q10 : 登園拒否になったらどうしたらいいんですか?
A : お子さんが、なんでも大人の言うことをハイ!と答えることが正しいことでしょうか。イエスとノーは、同等の価値を持っています。お子さんが気持ちを素直に表現出きることが大切です。そこから、おのずと解決の道が開かれていきます。

Q11 : 病弱な子なんですけど?。
A : お子さんの健康問題でケースによっては、親ごさんと医師の話し合いが可能であるだけでなく、園も医師への直接相談が可能であることが必要な場合があります。その場合、医療が優先か教育が優先かを親ごさんが決めることになります。園は共生的な指導が可能と判断すれば入園受け入れとなります。

Q12 : 馬に乗れる幼稚園と聞いたんですけど?。
A : 確かに乗れます。でも、乗る為だけにいるのではありません。人間とは異なる「いのち」、子どもの顔色を見ない「いのち」、情愛が湧いてくる「いのち」、自然界の「いのち」を園生活の「なかま」として共に生きる為です。当然、飼育活動として「お世話」をします。

Q13 : 園外保育をよくやると聞いたのですが?。
A : 行います。地域は園庭なりと思っています。地域の四季を保育のなかに取り入れることは、気分転換にもなり、とても大切なことです。交通安全指導の機会としても大切です。

Q14 : 文字の指導はどうされているのですか?。
A : ワークブックやフラッシュ、板書は行いません。言葉の獲得期であり使用してみる時期の子に、一つひとつの言葉の使用法を気づかせたり、語彙が豊かになるよう園生活のなかで心がけています。人の話を聞くや自分の思いや意見を言ってみるも大切ですね。

Q15 : 数の指導はどうされていますか?。
A : 数認識を育てるのに、まず、生活実感を持ってもらうことをこころがけています。半分や一つを大切にしています。数概念を理解するなかで、具体的な数認識を広げていきます。

Q16 : 英語指導はしないのですか?。
A : 言語獲得期の子どもには、第一言語である日本語を生活や文化の実感を重ねながら習得させることを優先しています。思春期を通過出きる言語としての日本語を大切にします。結果、幼児期の英語教育やバイリンガル育成は行いません。

Q17 : 鍵盤ハーモニカや鼓笛の指導はないのですか?。
A : からだの発達は背骨や腰などの体幹部分からです。指先まで発達が到達しない段階での指導は危険です。詰め物で音が出なくする指導が有ると聞きますが、人権侵害です。

Q18 : 和太鼓をやっていると聞きました。
A : 体幹部分の次の発達は足や腕です。子どもたちが体の底からリズムを発し、自分のリズムを創ってほしいとの願いから、秋にむかって市民まつりで取り組みます。

Q19 : モンテッソリーやシュタイナーの教育はやらないのですか?。
A : 教育思想家から学ぶことはとても大切なことです。近代以降の教育では「エミール」で有名なルソーを始めとした著名な思想家及び実践家が、洋の東西をとわず多数、輩出しています。鵜呑みにして追随するのではなく、時代背景等も踏まえた学ぶ姿勢を大切にしています。

Q20 : 宗教は、あるのですか?。
A : 思想信条などの「内心の自由」は、子どもであっても保障されるべき基本的なものと考えています。宗教はその典型です。多様な宗教者の方との交流はしますが、当園は宗教園ではありませんのでクリスマス会等の宗教的要素のある行事を安易には行いません。

Q21 : スイミングスクールに行かなくても大丈夫な幼稚園と聴いたんですけど?
A : 水あそびや砂泥遊び等を経た子が段々と衣服の着脱にも慣れたなかで、FRPプールでの水指導を経て「水で死なない」ことを学びます。その結果、年長の夏には泳ぎの入り口に到達します。希望制の水泳教室もあります。

Q22 :コーナー保育や縦割り保育はしないのですか?
A: コーナーは行いますが縦割りは行いません。なお、保育の形態は弾力的に考えています。教師にとっての必要性や子どもたちの興味や欲求によっても変わります。しかし、大切なことは子どもたちの遊びの発展や人間関係から、自然に形態変化がおこるのが自然かと思います。

Q23 : 学級編成は年齢別ですか?それとも他の形ですか?
A : 平成20年から異年齢での学級編成を実施しています。発達の普遍性や方向性、順序性、連続性を踏まえて、こころとコミニュケーションを重視した学級運営をすすめています。年齢別概念から脱却して、子ども文化を子ども達が創る学級や幼稚園をめざしています。

Q24 : 異年齢保育と縦割り保育は違うのですか?
A : 学年や年齢での秩序を前提にしていれば縦割りですね。年長なんだから・・・とか、年長のくせに・・・等の発想から解放されることがなしでは、異年齢保育にはなりきれません。3才の子どもでも5才の子を批判することが正当な人間としてのコミニュケーションだと見守れる保育者や親が必要ですね。

Q24 : 小学校の為のお勉強はしなくても大丈夫なのですか?
A : 充分やっています。遊びの中から学んでいます。生まれてから、ゆっくり、じっくり、たっぷり、乳児から幼児への発達を経るなかで、ヒトが人間になる進化を続けてきました。社会性も幼稚園で学びます。そして学童になっていきます。
 乳児、幼児の時代を先走りしても、学童期や思春期、青年期でつまずく元をつくるだけではないでしょうか。大人になった時、かすかに記憶に残る幼稚園時代であってほしいと願っています。

Q25 : お子さんたちの名前を呼び捨てにしているようですが?
A : はい、そういう場合も多々ありますね。「ちゃん」や「くん」、愛称もありますが、お互いの関係やその場の状況にもよって多様な呼び方をしています。教師も愛称で呼ばれたり職名で呼ばれたりといろいろですね。生活のなかでお互いが知り合い理解しあうなかでは自然なことだと思っています。

Q26 : 子どもを叱ってもらえるのでしょうか?
A : はい行います。叱りも誉めも同等に必要ですからね。お子さんが自分でやろうとする気持ちを誉めることが一番ですね。自分の気持ちに素直になれない時に叱ることかと思います。大人が頭にきたから叱るというのは違いますよね。「人類の文化」を伝える為に誉めたり叱ったりが必要なんですよね。

環境及び施設、安全 (Q31〜Q43)

Q31 : 地域に自然がある幼稚園のようですが?
A : はい、地域環境が優れています。目の前は大庭城址公園で第二園庭になっています。他にも、引地川親水公園や小さな公園も無数にあり、自然にあふれる谷戸も多くあります。地域は第二第三の園庭と考え、子どもたちと出かけます。

Q32 : 園庭にも自然があると聞いたんですが?
A : 園庭面積が大きいので、子どもたちは自然にかけっこをします。園庭は季節の保育「ねらい」に合わせて「環境」を設定しています。季節の花木や果樹が彩りを増します。

Q33 : 園庭が芝生でなく土なのはどうしてですか?
A : 園庭は、子どもたちの積極的関わりによって変化再生していく場所です。芝生では管理中心になって、子どもが変化させる遊びができません。アスファルトは、足の発達に危険が伴います。

Q34 : 大きい砂山はどこにあるんですか?
A : 毎年4月と9月、園庭に登場します。砂場では遊べない現代の子どもたちの為の設定です。子どもたちが馴染んだ頃には、丘になってしまいます。遊び込んだ証拠でしょうか。

Q35 : 立派な「総合遊具」は買っていただけないのですか?
A : 総合遊具はなんとなく遊ぶ道具です。一つひとつの遊具に集中して遊ぶ事が先決です。なんとなく遊具に遊ばされていると、怪我のもとになります。目的をもって遊べる子になってほしいですね。

Q36 : 遊びを自分で見つけられなければ子どもじゃないと聞いた事があるんですけど?
A : 「遊び」を辞典類でひくと、いろいろな意味があります。園児も最初はすべり台等の固定遊具に反応しますが、慣れてくると、応用した遊びが生まれ、遊具や道具も創りだしてしまうのが子どもではないでしょうか。子どもは、遊びの王様です。

Q37 : ミニ牧場があると聞いたんですが?
A : 現在、再建準備中です。先代の馬が亡くなって取り壊しが行われました。動物たちは、仮小屋住まいをしています。新しい時代に合った、馬や山羊、鳥類やうさぎ等の、住家を作ろうと基金を募集中です。

Q38 : 子どもの怪我は大丈夫なんでしょか?
A : 成長の過程で、怪我も経験として必要な部分もありますが、繰り返されたりすることがないように、しなやかな体づくりにこころがけています。

Q39 : 大地震がきても大丈夫なんでしょうか?
A : 新しい耐震基準で、更に基礎部分に強度を増して建築された有数の園舎です。防災訓練も定期的に実施しています。側の大庭城址公園は、広域避難場所でもあります。

Q40 : 交通事故の心配はないのでしょうか?
A : 交通安全指導は開園以来、厳しい基準で進めています。園外保育時や自転車指導時、園バス運行時にも適切なタイミングでの指導を行っています。でも基本は、親御さんが日常で交通ルールを守ることではないでしょうか。

Q41 : 園バスの安全は大丈夫なんでしょうか?
A : 業界や国交省基準では付けないのが常識のシートベルトやチャイルドシートも装着しています。乗降場所も他交通や安全に配慮した場所を選定するようにしています。

Q42 : 変質者等から我が子を守ってもらえるのでしょうか?
A : いろいろなシステムと方法を用いて園児の安全を検討及び実施しています。大人たちが社会不安を拡大しているなかで、最終的には、私たち職員が体を張って守ることだと考えています。

Q 43 : 職員や父母が門等で名札プレートを下げていなのはどうしてですか?
A : 知らない人どうしで交流会を行う時には名札プレートも必要でしょうが、お子さん引取り時にお互いの顔も覚えられないような園運営を行っておりませんので必要がありません。むしろ、道路上で名札を公開している大人たちの方が危険ではないでしょうか?。

お 弁 当 の こ と (Q51〜Q59)

Q51 : どうしてお弁当なのですか?
A : 食事の量や嗜好、その日の体調やそれまでの家庭での食習慣、文化等によって、個人差が激しいのが幼児の現実です。そうした一人ひとりの子どもに、丁寧に対応することが出来るのは、それまで育ててきた人ではないでしょうか。

Q52 : どうして給食はないのですか?
A : 一人ひとりに対応した給食をつくるのには、多大な経費と施設が必要になります。親御さんにそこまでの負担をして頂くのには無理があります。

Q53 : 仕出し屋さんのお弁当でも無理ですか?
A : 一食200円代のお弁当には無理がありすぎます。数字的な栄養管理はできても、嗜好のマンネリ化、個人への配慮、食べ残し他をどうしますか。

Q54 : 週一回希望での仕出し屋さん弁当でも?
A : 家庭からのお弁当と子どもたちが集まって、食事の輪を創ります。お弁当を通して個性の集合として学級の和もつくられていきます。家族の暖かさや思いが集まる集団に仕出し弁当は異質です。畑で取れた野菜等を使って、子どもたちと教師で作ることもあります。

Q55 : コンビニ弁当を持たせては?
A : 家庭の味が基本ですが、事情がある場合はやむを得ないですね。でも、包装や見た目、量がそのままでは無神経です。知恵を使いましょう。相談に乗りますよ。

Q56 : お弁当を作ったことがないんですけど?
A : 大丈夫です。先輩お母さんがいっぱいいますので、知恵と工夫をお教えできます。手抜き法も?。参考本も市販されていますが、・・・、・・・、とにかく、楽しく作ることです。

Q57 : 食が細い子なんですけど?。
A : ゆっくり、しっかりと噛んで食べるようにする中で改善していきます。好き嫌いや食事中の落ち着きなど、じっくりと変化していければ良いことでです。食文化が大切です。

(全2ページ)   1  2  次ページへ